,

【純正品】 ゼロックス CT201128 トナーカートリッジ イエロー XEROX CT201128


content

  • 24時間換気システムとは?
  • 設備は部屋のどこにあるの?
  • 給気口の掃除は必要?
  • クロスの黒ずみが落ちない!?

 

24時間換気システムとは?

24時間換気システムは、その名の通り、24時間機械制御で給気と排気を行うことで、室内の空気を常にきれいに保つことを目的としています。平成15年7月の法改正で、新築住宅を建築する場合はこの24時間換気システムの設置が義務化されています。目的として24時間換気=常時換気は、シックハウスの問題からできた法律で、室内の空気に含まれた有害物質を排出するための設備で、湿気のための物とは違います。気密性の高いサッシの使用や断熱気密をとるようになってから、住宅の気密性は格段に向上しています。このため、部屋全体を暖房機で暖めるようになりました。これはこれで快適なのは良いのですが、今度は建材に大量の化学物質が使われるようになりホルムアルデヒド等多数危険なものが存在しています。

 

設備は部屋のどこにあるの?

バスルームの浴室乾燥リモコンや換気扇スイッチを一緒になっていることが多くあります。こちらをONにして洋室やリビングダイニングの吸気口をOPENにします。

・24時間換気スイッチ

 

・吸気口 洋室やリビングダイニング のバルコニー側に設置されていることが多い。

 

給気口の掃除は必要?

キッチン換気扇やエアコンのフィルターを交換しや掃除は当たり前になっていますが、吸気口はいかがでしょうか?退去立会いの際、7割の確率で吸気口まわりが黒ずんで汚れています。ひどい場合は部屋全体がグレーに見えてくることもございます。大通り沿いのマンションにお住まいの方、そうでなくても小さな通りに面したマンションの方も吸気口のフィルターは汚れているはずです。

こんな感じになっていませんか?

カバーを開けてみると..真っ黒です。こうなると空気が逆流することも!

 

24時間換気システムは、常時、給気口から外気を取り込みます。外気は新鮮な空気ですが、その中には、花粉や黄砂、最近話題のPM2.5なども含まれています。 こういった有害な物質は、出来るだけ室内に入れたくないものです。この場合、重要になってくるのがフィルターの存在です。最近のフィルターは優秀で、かなりの微粒子まで取り除いてくれます。ただ、それは定期的なメンテナンスと、交換をした場合。せっかくのフィルターも、つけっぱなしでは効力を発揮してくれません。水洗いもしくは取替えを心がけましょう。

同じく排気口もお掃除が必要です!トイレや洗面、バスルーム、キッチンなどそれぞれ換気扇のフィルター交換を定期的に行いましょう!

クロスの黒ずみが落ちない!?

本当にちょっとやそっとの掃除じゃ落ちません。お部屋を賃貸中の方は特に気を付けて下さい。
正直あまりにも黒ずみをほほっておいてハウスクリーニングでは落ちない汚れになりましたらクロス交換代を請求されてもおかしくはありません。良く、施工上の問題で部屋が汚れたんだから貸主負担だ!とおっしゃる方も多いですが、施工上の問題ではございません。お掃除やフィルター交換をしたかどうかです。
☑ホコリを綺麗に落とす
☑ホコリがついたまま洗剤や水ぶきをすると汚れが広がってしまいます

☑クロス専用のクリーナーが最適『3M スプレー クリーナー30(サーティー)』(スリーエム)という製品

今からでもお部屋のフィルターを覗いてみてください!!

 

 

沖データ トナーカートリッジTNR-C4KM1マゼンタ トナー

必須項目は全て入力してください。

Please Login to Comment.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)